遺言はどんなことを書くのか

遺言を書くときにどんな内容を書いても法的に有効なのでしょうか。

遺言はどんなことを書いても構わないものでしょうか。例えば、自分の葬儀で使う写真や、呼んで欲しい人の指定など、生活に関わる細々した指定など多岐にわたるものです。

自分の意思を細部に亘るまで伝えておきたいという気持ちは分かりますが、遺言のできる民法の行為は以下のものに限られています。
“遺言はどんなことを書くのか” の詳細は »

財産を遺産分割前に持っていかれた時

相続財産を相続人の一人が勝手に持って行ってしまった場合の対抗手段について

「母が亡くなり、3人姉妹のうち長女が母の指輪を勝手に持って行ってしまいました。

他にこれと言った財産もなく、昔から母が大事にしていた指輪でした。現在の価格は分かりませんが、当時はそれなりの金額を出して購入したと聞いています。姉曰く、母がくれたのだというのですが、
“財産を遺産分割前に持っていかれた時” の詳細は »

雇用関係や債権の相続

被相続人が事業を行っていた場合、従業員との雇用関係を引継ぐのに何か問題はあるのか。また、債権はどの様に扱うのか

事業をされている方が亡くなった時、相続の範囲はどこまで影響の出る物でしょうか。

亡くなった方の一切の権利義務の関係はそのまま相続によって引き継がれますので、事業をされていれば借入金があればその債務を、逆に貸し出ししている金銭や、既に商品を納入している場合の売掛金などの債権、従業員を雇っていれば賃金なども従前のまま相続人に引き継がれます。
“雇用関係や債権の相続” の詳細は »

相続税の改正と申告書の提出

平成27年より相続税の改正があり一番大きな違いは基礎控除額の変更があります。

相続が発生すると多くのやらねばならないことが出てきます。

先ずは遺産分割とその為の煩雑な諸手続き、もうひとつはその相続によって発生した相続税の申告と納付です。

平成27年より相続税の改正があり、今までは全体の4%ぐらいが対象となっていた相続税ですが、基礎控除額の変更などにより、その対象が広がると予想されています。具体的には、
“相続税の改正と申告書の提出” の詳細は »

特別寄与者がいる場合に公正な相続をするには

相続者の中に、被相続人の財産を維持増加の為に貢献した人がいた場合の相続財産の分け方について

被相続人の死亡と共に相続が発生しますが、平等を期する為に法律でその相続分が定められています。当然それに沿って相続分を分与するのが妥当かと考えられますが、例えば家業を継いだ長男が親と一緒に事業を大きくし、財産が多くなる一助となっている場合も少なくありません。妻が二人三脚で夫を支えて財を成すといった場合、
“特別寄与者がいる場合に公正な相続をするには” の詳細は »